前へ
次へ

被後見人の死後の医療費請求の処理

病院で治療を受けると医療費を支払う必要があります。
通院であれば治療の都度支払いますが、入院の時は退院をした後などになるでしょう。
長期の入院の時は一定期間ごとに精算をして退院時に残額を支払うときもあります。
では病院で亡くなったときはどうするかですが、死後に遺族などに請求が行くでしょう。
成年後見制度を利用していた被後見人が病院で亡くなったとき、亡くなった時点で払われていない医療費の支払いが必要になります。
その支払いを成年後見人は支払っても良いかです。
法律的な問題として相続があり、人が亡くなればその時点の資産を相続人に引き継ぎます。
つまりは相続財産から医療費を支払っても問題ないかです。
親族が請求に基づいて支払う分には問題ないでしょうが、親族でない成年後見人となると勝手に相続資産に手を付けたと言われかねません。
現在の法律では成年後見人が死後の一定の事務が行えることになっていて、被後見人の資産から医療費を支払うことができます。
もちろんその報告は必要でしょう。

Page Top