前へ
次へ

車を盗まれてその車がトラブルを起こしたとき

自動車を保有する人は必ず自動車保険に加入しなければならず、自賠責なら人に損害を生じさせた時の損害賠償が可能になります。
より補償が必要なら任意保険にも加入でき、物に対する損害賠償などもできるようになります。
誰が運転していたかよりその車でのトラブルにおいて保険が有効になります。
あるときに自分の車が盗まれ、そしてそのすぐ後にその車がトラブルを起こしてしまいました。
相手に対して一定の損害を生じさせたらしく、被害者から自動車の保有者である自分に損害賠償請求が来ました。
自分とは全く関係のない人が運転をしていたとしても損害賠償する必要があるかです。
車を盗まれたときは、盗まれたときの状況に落ち度がなかったかが問われます。
所定のガレージに駐車して鍵もかけてあったなら盗まれるのに落ち度が無いので賠償責任は生じません。
一方鍵のかけ忘れやちょっとの用事で車から離れた時に盗まれたなどだと落ち度があるとされて損害賠償しないといけない可能性が出てきます。

Page Top