前へ
次へ

成年後見人が被後見人が亡くなったときにすること

成年後見人は被後見人がいて初めて存在の意味があります。
被後見人が亡くなれば存在の意味がなくなるのでその役割も業務も無くなります。
しかし被後見人の死亡の手続きが行われれば自動的に成年後見人の役割がなくなるわけではなく、その後にもいくつかの手続きが必要になるので注意が必要です。
成年後見人は被後見人の財産管理の役割があり、家庭裁判所などへの報告義務もあります。
被後見人が亡くなった時点における財産の状況などの報告も行わなければいけません。
それに基づいて相続なども行われるのでしょう。
成年後見人が相続人になるときもならないときも行う必要があります。
成年後見人は登記をされてその任務を行うので、役割がなくなれば登記も無くす必要があります。
家庭裁判所に被後見人の死亡の事実を伝え、必要な手続きを終えた後に後見終了の登記を行います。
何もせずにいると登記に残ったままになるので注意しないといけません。
死亡に関する手続きは親族などが行うのが一般的です。

Page Top